top

講座

一般・セラピスト・鍼灸師向けサービス

整体師を目指す方向けの整体講座

 
 昨今、SNSの普及で個人がメディアを持って発信したり、大きな影響力を持てる時代になりました。また、企業も副業を解禁したり、個人の価値観、生き方が尊重される時代です。この傾向はますます高まっていくことでしょう。裏を返せば、個人でも生きていく力が必要になるということです。
私が鍼灸の学校に行っていた20年以上前は、「脱サラ開業」ブームがありました。専門学校には有名大学出身者や大企業をやめて鍼灸師になるという方がすでに存在していました。近年は「ママでも企業」ブームで女性セラピストも多いですよね。
 
しかし、『自分らしく生きていく』にはそれなりの覚悟が必要です。何かと不自由なコロナ禍において、世の中を嘆いて巣ごもるか、次の準備期間とするかで大きく違いが出るでしょう。どちらにせよ、自分の生き方を本気で考えなければいけない時代になっていることは確かだと思います。
 
コロナで社会経済が厳しい時代にも関わらず、2021年の弊社実績は増収増益、過去最高額の売上を計上しました。これは技術と経営の両輪が上手く回らなければ出来ないことです。
当院の整体講座は80年以上の歴史がある当院の施術と私自身鍼灸マッサージ師として20年以上の経歴から生まれた整体法をお伝えする講座です。3つのプランがあり、最上位のコースでは経営法もお伝えします。これから整体師を目指そうと考えている方へ最初のステップになるようにわかりやすくお伝えします。
 

鍼灸師初学者・ペーパー鍼灸師向けの鍼灸講座

 
鍼灸治療はたくさんの流派や施術法があり、初学者の方は一体どうすれば治せるようになるのか、何を学べばいいのか悩むところではないでしょうか。
昔に比べるとDVDの教材やオンラインで学べる環境が整ってきていますが、技術を学ぶにはリアルな体験が必要です。
東京、大阪ではたくさんのセミナーが毎週のようにどこかで行われていますが、地方の鍼灸師が実際に学ぶ機会は限られてしまいます。
 
私は東京の専門学校を出ていますので、学校内にも素晴らしい先生方がおられましたし、ご存命だった入江正先生の講習会や、卒後はトロントで松本岐子先生のセミナーに参加する機会があり、その後はkiiko styleを学んできました。鹿児島に戻ってからは祖父のやり方を父に学び、東京、大阪、京都、福岡など様々な場所に出向いて学びを続けました。
 
ちなみに祖父は日中戦争で傷を負い、帰国後にそれまでの仕事だった警察官は出来なくなり、農業もできないということで、当時長崎にあった鍼灸学校で学びます。相当優秀だったようで、学生の身分ながら授業を受け持ち、鹿児島に戻る頃には書生が2、3人ついてきたそうです。
 
私は5年前から従業員を雇うようになり、鍼灸を教えることをやり始めました。感覚的なことを伝えることはなかなか難しく、より簡単にわかりやすく伝えることを意識しながら、時には人生観や哲学的なことも交え、歴史も話し、様々なアプローチで教えてきました。今は従業員が結果を出してくれていますが、自分のことよりも嬉しくなります。
 
話は最初に戻りますが、どうしていけばいいかわからない方、学ぶ機会を求めている方がいらっしゃったら、一緒に学んでみませんか。